6月3日 風車見学会レポート

0
    こんにちは、黒川です。
    遅ればせながら、先日のイベントのレポートです・・・

    2012年6月3日(日)、県内の風力発電所の見学会を開催しました!
    名付けて『新緑の季節にゆく 旭・銚子風力発電所見学散歩』です。

    千葉県で風力発電と言えば、銚子が有名です。現在、銚子市内に50基以上の風車があるそうです。銚子近辺は、風況(風力・風速などのコンディション)が良い地域なので、風力発電の開発が進んできました。そこで、今回、わたしたち(太陽学舎と、その母体である自然エネルギー千葉の会)で、その銚子の風車を見学に行こうではないかと考えたのが、そもそもの企画です。
    さらに、市民ファンドによって作られた風車が銚子からほど近い旭市内にあるよね、ということで、そちらもぜひ一緒に見学してみよう!ということになり、計画が進みました。

    そして今回、午前中に旭市の「市民風車かざみ」を、そして午後は銚子市の椎柴風力発電所の1号機を見学してくる日帰りミニツアーを開催することになったのです。
    「市民風車かざみ」の方は、建設資金作りのための市民ファンドを組成して出資募集などの管理をしてこられた株式会社自然エネルギー市民ファンドHP)さん、椎柴風力発電所の方は、運営会社であるくろしお風力発電株式会社さんのご協力を得て、じっくりと見学させていただくことができました。

    以下、レポート内容が盛りだくさんになりますので、
    1.かざみ編
    2.ランチ編
    3.椎柴編
    の3記事に分けてお届けします。
    まずは、↓↓かざみ編↓↓ ここからスタートです!

    市民風車かざみ
    ↑こちらが当日の「市民風車かざみ」です!

    あいにくのどんよりとした空模様だったのですが、参加メンバーの多くが風車を間近に見るのが初体験だったこともあり、まずは、その大きさと迫力にビックリでした! 地面から羽根の回転軸のところまでの高さが64.7メートル、羽根の直径が70.5メートルという大きさです。
    そして、一番驚いたのは、風車が回る音が意外に小さいことです。
    どこか上空で飛行機が飛んでいるのかな?と思うような、どこからともなく聞こえてくる唸るようなブワーン、ブワーンという音が風車の音なのでした。

    下は、まだ朝モヤが濃く垂れこめていた頃に、集合場所の駐車場から撮った動画です。
    この日の風速は4〜5m/秒ぐらいだったそうです。



    ↓(株)自然エネルギー市民ファンドの加藤秀生さんが説明のため現地まで来て下さいました。加藤さん、ありがとうございました!
    市民ファンドさんから説明

    「市民風車かざみ」の特徴は、何と言っても、建設費用のうち国からの補助金以外の部分が一般市民や中小企業・団体からの市民出資によってまかなわれているという点です。
    それから、この風車が立っているのは「滝のさと自然公園」という旭市の公園なのですが、自治体の土地を借りて建てているという点がとても珍しいとのことでした。(普通は行政は風車建設のためにはなかなか土地を貸してくれないのだそうです。非営利目的で運営することや市民出資という趣旨を汲んでもらったことで貸してもらえたとのこと。今は旭市に合併された当時の旧海上町はなかなか理解があったということですね!)

    ↓出資者のお名前が柱の根本にずらーっと表示されていましたよ。
    かざみ出資者

    非営利と言えば、この風車を現地で管理している「うなかみ市民風力発電」という法人は、非常勤・無報酬というメンバーで成り立っているものなのだそうです。ボランティア精神や「市民の手で自然エネルギーを」というコンセプトを地で行く姿に驚きます。
    個人的には、福島原発事故以前から、こうして目に見える、形に残るアクションを起こしてエネルギーシフトに真剣に取り組んできた方たちがいたんだな…ということに感銘を覚えました。

    「かざみ」一基で、およそ300万kw/年もの電力を作り、それは一般家庭のおよそ900世帯分の電力に相当するとのこと。作った電力は東京電力へ売電しているそうです。
    理想的には、地域の家庭などに直接電力を供給する電力会社になれれば良いのでしょうけれど、今はまだそこまでの電力自由化が進んでいないという現実があります。

    今回、柱の内部にある管理室も見学させていただき、モニターで現時点の風速や発電量などが表示されるところを見せていただいてきました。頭上でぐるんぐるんと回っている羽根がまさに今電気を生み出しているんだなぁと実感がわく体験になりました。
    ↓管理室から出てきたところ。(あー中はちょっとスゴイ音でした・・苦笑。逆に扉や柱の壁の防音性能にも感心してしまいます。)


    ↓まだまだ質問足りない参加者もいたけれど、お昼ご飯の準備もあるので、ここらで記念写真をパチリ☆


    ↓「風車って本当に大きいね〜」
    名残惜しいけれど、また秋の見学会で会いましょう♪


    「市民風車かざみ」については、東京新聞にも次のような記事で紹介されました。参考になりますので、こちらもどうぞご覧下さい。
    東京新聞6月13日付、千葉
    未来をてらす 節電の夏<中> 旭市の市民風車 地域の電気は地域で


    以下、ランチ編(只今記事の作成準備中)に続きます!




    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << October 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM